2007年02月25日

出会い系サイト−第4弾

はぁ、ちょっと飽きてきた・・・
あまり面白いメールが来ない・・・

ってことで、今回試したことは

【男と女の二人分を登録】。

つまり一人二役というヤツ。

まずは、適当に完全無料と謳ってるサイトを見つけ二人分登録。いつもの如く、そして代わり映えのしない

「同時に提携サイトにも同時に登録されます」の文字。。。

こんな規約、痛くも痒くもない。しかし今回のサイトは今までと違って多少キチッとしている。登録ボタンの上にしっかりと規約が書いてある。(・・・確か書いてたはず。。。見てねぇんだよ、めんどくさいから)

で、これをして試したかったことは、「アドレスとか番号のマスク処理」はどこまで正確かというもの。

まずは、相手にメールを打ってみる。(とは言っても自分自身ね)何と、ちゃんと届いている・・・(自分自身のとこやけど)

そして実験。

実験するために入れたマスクがかかりそうな文字は以下。
半角数字:0123456789
半角英字:abcdefg@〜〜〜(←〜〜は何書いたか忘れた)

で、全角ひらがなカタカナと共に送信。で、受信。

実験結果↓
半角数字は「**」になり、半角英字も「*」とマスクがかかっていた。
意外だったのは、全角カタカナで「アドは無視して」の「アド」という文字も「*」にマスクされていた。

「システム的にマスクをかけている」と言っておきながら実は、バイトのサクラ君が手入力で消してんじゃないの?と思っていた予想は完全に裏切られた・・・本当にシステム的に消しているようだ。

まだまだ調べる余地がありそうだ。
引き続き調べよう!!
目指すは、

【システムで行われるマスク処理の境界線】

ってことで。
posted by まっつん at 18:59| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いつのまにか第四弾・・・

多分、辞書的 + 正規表現で変換してるんだろうねぇ。

文字コード変えるととかかな、いま旬のUTF-32とか。
全角英字スペース付とか。
めんどくせー(?)からメールヘッダに埋め込むとか
バイナリーとか書いておきながら、テキストで送るとか
Posted by flim at 2007年02月26日 21:36
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。