2007年11月05日

always 続・三丁目の夕日

某映画オタクより先にレビューを書いてみる。


公開初日の土曜日に見てきた。
金曜日には金曜ロードショーで第一弾を放映するという日テレの作戦にはマイッタ。。。

金曜日にテレビで見て、結構感動した。「こりゃ、明日映画館で泣いてしまうかもしれんなぁ」と思った。

見終わった感想として、「第一弾を超えるコトはできなかった」って感じがした。

笑わせるところはしっかりを笑えた。笑わせる箇所にいやらしさを感じない素直な笑いが入っていた感じがする。ただ、泣かすところはミエミエな感じがしてしまい、素直に感情を入れることができなかった。先が読めてしまうと言うか、あ〜やっぱりねぇって感じかしてしまって、どうも素直になれなかった。でも、泣きそうな感じがしたところはあったし、最後にはほんわかした気分になった。


後、映像が何とかならんかと思った。当然、当時の景色なんて無いから実現するには合成を使わざるを得ないのは重々承知。ただ・・・どうもツライ。一作目はそこまで思わなかったんだが・・・



突然だが、堀北真希が大好きだ。で、この映画に出てるわけで、当然の如く注目して見ていた。いやぁ〜カワイイよね。もう大好き。ホント会いたい。出川に会ってる場合じゃないよ、オレ。
でも、かわいすぎて、違和感を感じた。一作目は「田舎の娘」っぽさが出てたけど、今回はかわいすぎるし、キレイ過ぎる気がした。うん、大好きだ。


なんかあんまり良い事を書いてないよなぁ。

とは言え、最後まで寝なかったので自分的には見に行って良かったと思う。


最後に、映画館でケータイ見よるバカ野郎。
お前、もう来んな。


某映画オタクの岡山人様はどのようなレビューをお書きになるのか興味深く見守りたいと思います。
posted by まっつん at 00:56| Comment(14) | TrackBack(3) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。